マルティン・シュタットフェルト
Martin Stadtfeld

Profile

1980年10月19日ドイツのコブレンツに生まれる。6歳でピアノを始め、9歳で初のリサイタル(イタリア協奏曲を演奏)をひらいた。14歳のときフランクフルト・ムジークホッホシューレ(音楽アカデミー)に入学を許可されこの年齢で入学を許可された初の生徒となった。ここで伝説的なレフ・オボーリン(=第1回ショパン・コンクールの優勝者)の弟子レフ・ナトチェニーに師事。また、ボザール・トリオのメヘナム・プレッスラーをはじめ、ウラディミール・フェルツマン、ヴィタリー・マルグリス、イーゴリ・ラズコ、 ペーター・アイヒャーらのマスタークラスを受け、さらにはカレ・ランダル、トマス・ブランディス(ベルリン・フィルの第1コンサートマスターだった)、イダ・ビーラー(メロス弦楽四重奏団の第2ヴァイオリン奏者) の3人による室内楽プロジェクトに参加し、そのピアニズムに磨きをかけた。
1997年、パリでおこなわれたニコライ・ルビンシテイン・ピアノ・コンクールで優勝。同年ベルリンでのドイツ音楽コンクールの5人の奨学金受賞者の1人に選ばれた。
2001年にはボーゲンで行われたブゾーニ国際ピアノ・コンクールで入賞を果たし、センセーションをまきおこした。各紙がその才能を絶賛し、南ドイツ新聞は「大規模なコンクールにはおとなしい、隠れた才能の持ち主を見つけられるという良い面もある。それは、グローバル化の進む音楽ビジネスの向こう側に、名人芸という誰にもわかりやすい表現よりも個性的な表現の方が大切だと感じている聴き手のために、そして自分自身のために、ニッチ=市場の隙間を見つけた人たちである」と付け加えた。
そしてシュタットフェルトは、2002年7月ライプツィヒで開かれた第13回国際ヨハン・セバスティアン・バッハ・コンクール*に最年少で優勝した。長い伝統を誇る権威あるこのコンクールで東西ドイツ統一後優勝した初のドイツ人ピアニストとなったのである。(* 第1回目が1950年、第2回目の1964年から4年に1度、1996年から2年に1度開催されている。アファナシェフもこのコンクールの優勝者である)
これまでにミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、アカデミー室内管弦楽団、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、シュターツカペレ・ドレスデン、ウィーン交響楽団、チェコ・フィルハーモー管弦楽団、ザルツブルク・ モーツァルテウム管弦楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団などと共演するほか、東京のすみだトリフォニーホール、ウィーン・コンツェルトハウス、ウィーン楽友協会大ホール、チューリヒ・トーンハレ、アムステルダム・コンセルトヘボウなどの世界的なホールに出演、さらにザルツブルク音楽祭、ライン音楽祭、ロッケ ンハウス音楽祭、メニューイン音楽祭などにも定期的に参加している。
シュタットフェルトはバッハの音楽に大いなる情熱を注いでいる。しかし彼のレパートリーはバロックから現代作品までと幅広い。協奏曲のレパートリーは ベートーヴェンの協奏曲全曲、ロマン派の作品やガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」といった伝統的なクラシック作品のカテゴリーにあてはまらないものも含む。ソリストとして、また室内楽、歌曲の伴奏にも意欲的に取り組んでいる。

デビューCDの「ゴルトベルク変奏曲」(Sony Classical)は2004年3月ドイツでリリースされるやいなやメディアの注目を集め、短期間にドイツのクラシック・チャートで1位になり大ヒットを記録している。
趣味は読書とドライヴ。国内の演奏会にはほとんど自分で運転して移動するという。
そして、ワイングラスを傾ける静かな夕暮れ時が好きだという・・。
日本へは2005年、すみだトリフォ二―ホールの「ゴルトベルク変奏曲」公演で初来日。その後、来日を続けている。初来日後、ウィーンでもデビューを飾った。

Concert

随時更新

Discography

随時更新

Press Review

随時更新

Concert Archive

随時更新
Copyright Aspen Incorporated. All rights reserved.