ジョン・キムラ・パーカー
Jon Kimura Parker

Profile

国際的に高い評価を得ているコンサート・ピアニスト、ジョン・キムラ・パーカーはバンクーバーに生まれ育ち、教育を受けた。非凡な経歴を持つ彼は、カーネ ギーホール、シドニー・オペラハウスから、バフィン島、ジンバブエまで世界中で演奏を行っている。カナダからの真の音楽大使であるパーカー氏は、イギリス のエリザベス鏡い慮譱葦藾佞鬘嘉拗圓ぁ合衆国最高裁のためにも演奏した他、カナダと日本の両首相列席の演奏会を行っている。

この2シーズンで彼はニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団、フィラデルフィア管弦楽団、ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団、ボルティモア交響楽 団、コロンバス交響楽団、ダラス交響楽団、フロリダ管弦楽団、ヒューストン交響楽団、ミネソタ管弦楽団、NHK交響楽団の他、カナダの全ての主要オーケス トラと共演している。

アウトリーチ企画“ピアノ・シックス”のメンバーとして、カナダの北極地方などの僻地へツアーし、ベートーヴェンからアラニス・モリセットにいたるまで アップライト・ピアノや電子キーボードで演奏。そしてガルガリーにてドク・セバリンゼンと、フィラデルフィア、ボルティモアにてボビー・マクファーリンと 共演している。最近のサマー・フェスティバルでは、ブリット、グリーン・ミュージック、ヴェイル、ハリウッド・ボウル、オルカス・アイランド、サン・ディ エゴのメインリー・モーツァルト、シアトル、ラホイヤ、サン・バレーや、ピンカス・ズッカーマンやリン・ハレルと出演したサンタフェなどに参加している。 また、東京カルテットとも定期的に共演している。

メディアへも積極的に出演しており、ブラーヴォ・カナダ放送局でクラシック音楽テレビシリーズ「ホール・ノーツ」の司会を2シーズン務めた。また、カナダ の有望な若手音楽家の才能を披露するCBCラジオ・ツーの5回連続番組「アップ・アンド・カミング」の司会も務めた。ディズニー・チャンネル「アンダー・ ザ・アンブレラ・ツリー」にもゲスト出演。また、戦火に引き裂かれたサラエボで演奏しCNNで放映された他、CBCやPBSの「ザ・ヴィジョナリーズ」で 頻繁に取り上げられている。

彼はヒューストンのライス大学所属シェパード音楽校にてピアノの教授を務めている他、オルカス・アイランド室内音楽祭の芸術アドバイザーを務めている。また、カナダの民間人に与えられる最高名誉であるカナダ勲章を授かっている。

ジャッキー・パーカーは彼の叔父、エドワード・パーカーによりカナダでピアノの手ほどきを受け、母のケイコ・パーカーに日々のレッスンを受けた。また、ロ ビン・ウッドに指導を受け、その成果として後にバンクーバー音楽学校とUBCにてリー・カム・シンに4年間の英才教育を受ける事になった。バンフ・セン ターでマレック・ヤブロンスキーの正規の生徒であった彼は1979年、ジュリアード音楽院の全額奨学生となり、著名な指導者アデール・マーカスに師事し た。

彼はヨエル・レヴィ、アンドレ・プレヴィン、ピーター・シックリーとのCDをそれぞれテラークよりリリースしている。なお、彼はヒューストンにてヴァイオリニストの妻、アロイシア・フリードマンと娘のソフィーと暮らしている。

Concert

随時更新

Discography

随時更新

Press Review

随時更新

Concert Archive

随時更新

Links

Official site
http://www.kimura.com
Copyright Aspen Incorporated. All rights reserved.