エマニュエル・パユ/トレヴァー・ピノック/ジョナサン・マンソン

Profile

エマニュエル・パユ(フルート)
Emmanuel Pahud, Flute
1970年1月、フランス人とスイス人の両親のもと、ジュネーヴに生まれる。6歳でフルートを始め、パリ国立高等音楽院でミシェル・デボスト、アラン・マリオン、クリスチャン・ラルデ、ピエール=イヴ・アルトーに師事、同音楽院卒業後はバーゼルのオーレル・ニコレの下で研鑽を積んだ

1989年の神戸国際コンクール第1位で日本のフルート・ファンの注目を一気に集め、92年には最難関のジュネーヴ国際コンクール第1位を獲得。

1992年ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(音楽監督:セルジュ・チェリビダッケ)より首席奏者として招かれるが、93年ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(音楽監督: クラウディオ・アバド)のオーディションに合格し、同年ベルリン・フィル首席ソロ奏者就任。

2000年6月ベルリン・フィルを退団、同年9月から2001年6月までジュネーヴ音楽院フルート科の教授として後進の指導にあたる。

2002年4月ベルリン・フィルに復帰、同オーケストラ首席奏者およびソロ・フルーティストとしての演奏活動を再開。
来日も多く、エリック・ル・サージュ(ピアノ)とのコンビによるリサイタルの他、NHK交響楽団、東京交響楽団、紀尾井シンフォニエッタ等のオーケストラとの共演、マスタークラスも行っている。2006年放送の大河ドラマの紀行音楽にも参加した。

現在EMIと専属契約を結んでおり、緻密なプランニングによってリリースされるアルバムは常に楽界の話題を独占している。CDは15作を超え、2006年にはヴィヴァルディのフルート協奏曲集(R.トネッティ指揮オーストラリア室内管弦楽団)、イェフィム・ブロンフマンとのデュオによるブラームス&ライネッケ・ソナタ集を、07年にはラトル指揮ベルリン・フィルとの共演によるニールセンの協奏曲をリリースした。08年、現代作曲家ダルバヴィ、ジャレル、ピンチャーがパユのためにそれぞれ書き下ろしたフルート協奏曲集およびトレヴァー・ピノック(チェンバロ)との共演によるバッハのソナタ集をリリース。

トレヴァー・ピノック(チェンバロ)
Trevor Pinnock, Cembalo
現代最高のチェンバロ奏者、指揮者、そして室内楽奏者として世界的にその名を知られるトレヴァー・ピノックは、ピリオド楽器を用いたバロック音楽演奏における先駆者として、1972年にバロック・アンサンブル「イングリッシュ・コンサート」を創設、2003年まで音楽監督を務めた。

チェンバロ奏者として、ヨーロッパ、ロシア、極東諸国で演奏する他、近年エジンバラ大学所蔵のレイモンド・ラッセル・コレクションのチェンバロ「パスカル・タスカン(パリ1783/84)」を用いて録音したラモーのクラヴサン曲集、ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者のジョナサン・マンソンとの共演により録音されたバッハのソナタ集が注目を集めている。

指揮者として、フライブルク・バロック・オーケストラ、ザルツブルク・カメラータ、ドイツ・カンマー・フィルハーモニー管弦楽団等に客演しツアーを行うほか、ベルリン・ドイツ交響楽団、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団を含むオーケストラのシンフォニー・コンサートを指揮。また2005年にオーストラリア歌劇場で指揮したヘンデル「リナルド」は各批評家および聴衆からの賞賛を浴びた。2006年1月27日にはライプツィヒ・ゲヴァントハウスで行われたモーツァルトの生誕250年記念コンサートを指揮している。また、60歳を迎える2006-07シーズンには新たにヨーロピアン・ブランデンブルク・アンサンブルを結成し、バッハのブランデンブルク協奏曲のツアー及び録音を行った。

後進の育成にも熱心に取り組んでおり、英国王立音楽院およびニューヨークのジュリアード・スクールの学生オーケストラを指揮・指導している。1992年エリザベス女王より英国名誉大英勲章第三位(CBE)を授受。

ジョナサン・マンソン(チェロ)
Jonathan Manson, Cello
スコットランドの首都エディンバラに生まれる。チェロをジェーン・コワンに師事し渡米、ニューヨークのイーストマン音楽学校でスティーヴン・ドーンに師事。次第に古楽への興味を深め、オランダのハーグでヴィーラント・クイケンにヴィオラ・ダ・ガンバを師事。
1994年、16世紀から18世紀の作品を主なレパートリーとするヴィオール四重奏団「ファンタズム」を結成、国際的な演奏活動を行い、1997年にはデビューCDが英グラモフォン賞を受賞、2004年には「グラモフォン・レコード・オブ・ザ・イヤー」にノミネートされるなど、高い評価を獲得。

1999年アムステルダム・バロック・オーケストラの首席チェリストに就任。以来、多忙なスケジュールを縫って、アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック、イングリッシュ・コンサート、ガブリエリ・コンソート&プレイヤーズ、オーケストラ・オブ・エイジ・オブ・エンライトゥンメントを含むヨーロッパの主要古楽アンサンブルの客演首席奏者として出演している。独奏者としてはウィーン・フィルをはじめとするオーケストラに客演。

これまでに録音したCDは60種を超え、トレヴァー・ピノックおよびレイチェル・ポッジャーとの共演によるラモーのクラヴサン作品集、ヨーヨー・マとの共演によるヴィヴァルディの2台のチェロのための協奏曲、トレヴァー・ピノックとの共演によるバッハのソナタ集等が含まれる。

現在英国王立音楽院の教授を務めるほか、ドイツ、チェコ、アメリカ、ポルトガル、アイスランド、英オクスフォード大学等でも後進の指導にあたっている。 演奏楽器はジョヴァンニ・グランチーノ製チェロ(1710年頃)。

Concert

随時更新

Discography

Bach Flute and Harpsichord Sonatas

CD1
1.フルートと通奏低音のためのソナタ ホ短調 BWV1034 I.アダージョ・マ・ノン・タント
2.フルートと通奏低音のためのソナタ ホ短調 BWV1034 II:アレグロ
3.フルートと通奏低音のためのソナタ ホ短調 BWV1034 III:アンダンテ
4.フルートと通奏低音のためのソナタ ホ短調 BWV1034 IV:アレグロ
5.フルートと通奏低音のためのソナタ ホ長調 BWV1035 I:アダージョ・マ・ノン・タント
6.フルートと通奏低音のためのソナタ ホ長調 BWV1035 II:アレグロ
7.フルートと通奏低音のためのソナタ ホ長調 BWV1035 III:シチリアーノ
8.フルートと通奏低音のためのソナタ ホ長調 BWV1035 IV:アレグロ・アッサイ
9.フルートとオブリガート・チェンバロのためのソナタ ロ短調 BWV1030 I:アンダンテ
10.フルートとオブリガート・チェンバロのためのソナタ ロ短調 BWV1030 II:ラルゴ・エ・ドルチェ
11.フルートとオブリガート・チェンバロのためのソナタ ロ短調 BWV1030 III:プレスト
12.フルートとオブリガート・チェンバロのためのソナタ イ長調 BWV1032 I:ヴィヴァーチェ
13.フルートとオブリガート・チェンバロのためのソナタ イ長調 BWV1032 II:ラルゴ・エ・ドルチェ
14.フルートとオブリガート・チェンバロのためのソナタ イ長調 BWV1032 III:アレグロ

CD2
1.フルートと通奏低音のためのソナタ ハ長調 BWV1033 I:アンダンテープレスト
2.フルートと通奏低音のためのソナタ ハ長調 BWV1033 II:アレグロ
3.フルートと通奏低音のためのソナタ ハ長調 BWV1033 III:アダージョ
4.フルートと通奏低音のためのソナタ ハ長調 BWV1033 IV:メヌエット
5.フルートとオブリガート・チェンバロのためのソナタ 変ホ長調 BWV1031 I:アレグロ・モデラート
6.フルートとオブリガート・チェンバロのためのソナタ 変ホ長調 BWV1031 II:シチリアーノ
7.フルートとオブリガート・チェンバロのためのソナタ 変ホ長調 BWV1031 III:アレグロ
8.フルートとオブリガート・チェンバロのためのソナタ ト短調 BWV1020 I:アレグロ
9.フルートとオブリガート・チェンバロのためのソナタ ト短調 BWV1020 II:アダージョ
10.フルートとオブリガート・チェンバロのためのソナタ ト短調 BWV1020 III:アレグロ
11.2本のフルートと通奏低音のためのソナタ ト長調 BWV1039 I:アダージョ
12.2本のフルートと通奏低音のためのソナタ ト長調 BWV1039 II:アレグロ・マ・ノン・プレスト
13.2本のフルートと通奏低音のためのソナタ ト長調 BWV1039 III:アダージョ・エ・ピアノ
14.2本のためのフルートと通奏低音のためのソナタ ト長調 BWV1039 IV:プレスト

定価\3,800(税込)
【TOCE-56129】発売元:EMIミュージックジャパン

Concert Archive

日時 2010年5月27日(木)19:00開演
会場 王子ホール
パユ、ピノック、マンソン 〜バッハの夕べ〜

【出演者】
エマニュエル・パユ(フルート)
トレヴァー・ピノック(チェンバロ)
ジョナサン・マンソン(チェロ)
【チケット】
全席指定:¥8,000

【お問い合せ先】
王子ホールチケットセンター
03-3567-9990

日時 2010年5月26日(水)19:15開演
会場 三鷹市芸術文化センター風のホール
パユ×ピノック×マンソン J.S.バッハ:フルートソナタ・セレクション

【出演者】
エマニュエル・パユ(フルート)
トレヴァー・ピノック(チェンバロ)
ジョナサン・マンソン(チェロ)
【チケット】
S席:¥5,500、A席:¥4,500、学生:¥2,800

【お問い合せ先】
三鷹市芸術文化センター
0422-47-5122

日時 2010年5月25日(火)19:00開演
会場 いずみホール
エマニュエル・パユ with トレヴァー・ピノック×ジョナサン・マンソン
J.S.バッハ/フルートソナタ・セレクション2010


【出演者】
エマニュエル・パユ(フルート)
トレヴァー・ピノック(チェンバロ)
ジョナサン・マンソン(チェロ)
【チケット】
S席:¥6,000、A席:¥4,500、学生:¥3,000

【お問い合せ先】
いずみホールチケットセンター
06-6944-1188

日時 2010年5月23日(日)15:00開演
会場 佐倉市民音楽ホール
パユ、ピノック、マンソン 〜バロック音楽の午後〜

【出演者】
エマニュエル・パユ(フルート)
トレヴァー・ピノック(チェンバロ)
ジョナサン・マンソン(チェロ)
【チケット】
A席:¥4,500、B席:¥4,000、学生:¥2,500

【お問い合せ先】
佐倉市民音楽ホール
043-461-6221












Copyright Aspen Incorporated. All rights reserved.