ウォンジュ交響楽団
Wonju Philharmonic Orchestra

Profile

1997年に設立された北市立交響楽団は、韓国東部を代表する芸術機関であり、韓国五大オーケストラの一つに数えられている。原州市立であるこの楽団は、優れた芸術性はもちろんのこと、古典から現代までを網羅する幅広いレパートリーで高い評価を得ている。彼らの膨大なレパートリーには、ブラームスやベートーヴェン、ブルックナーのみならず、ニールセン「小組曲」やシェーンベルク「ペアレスとメリザンド」なども含まれる。

創立から20年経たないにも関わらず、ウォンジュ・フィルは目覚しい功績を成し遂げてきた。若手、ベテランを問わず多くの音楽家と共演を重ね、マネジメントも充実させている。また、常任指揮者ヨンミン・パクと、モーツァルト・フェスティバルをはじめとする一連のプロジェクトを行うことによって、専門性に深みを持たせている。

韓国国際音楽祭、グレイトマウンテン音楽祭、韓国オーケストラ・フェスティバル等、国内外の国際音楽祭に定期的に出演。著名な指揮者やソリストとの共演を通じ、ウォンジュ・フィルは‘若くて情熱的な’オーケストラとして賞賛されている。

2010年末、ヨンミン・パクが常任指揮者に就任すると発表された。これは、創立以来常任指揮者を置かず、世界各地から招いた首席客演指揮者のもと研鑽を積んできたウォンジュ・フィルにとっては、初めてとなる出来事である。パクはウォンジュ・フィルの前首席指揮者であり、ウィーン楽友協会やルドルフィヌム(プラハ)に出演するなど国際的に活躍している。2011年シーズンより、北市立交響楽団は常任指揮者と共に、未だかつてないほど急速に成長し、新たなステージを迎えることが期待されている。

Concert

随時更新

Discography

随時更新

Press Review

随時更新

Concert Archive

随時更新
Copyright Aspen Incorporated. All rights reserved.