プチョン・フィルハーモニック・オーケストラ
Bucheon Philharmonic Orchestra

Profile

創団以後現在まで、常に新しい形式のコンサートと意欲的なレパートリーでクラシック音楽ファンの期待に応えてきたプチョン・フィルハーモニック・オーケストラ。富川(プチョン)市の全幅的な支援と、林憲政(イム・ホンジョン)指揮者の徹底した音楽分析、団員の優れた演奏能力により、韓国最高のオーケストラとして位置付けられています。
最高の実力を備えた韓国最高のオーケストラ、プチョン・フィル
  プチョン・フィルは、1988年、プチョン市民の生活の質を向上させるため、プチョン市の全面的な支援を受けて創設されました。以来、林憲政教授を常任指揮者に迎え入れ、優れた演奏実力と、幅広いレパートリーを通して、国内だけでなく、世界のあらゆる舞台に出ても遜色のないほど、最高の実力を備えた韓国最高のオーケストラに成長しました。
韓国の音楽界に新鮮な波紋を起こしたプチョン・フィル
プチョン・フィルは、一貫した哲学、新しいレパートリーの追求、そして最上の演奏を聞かせるため、絶えまない努力を積んでいます。プチョン・フィルは、‘バッハとシェーンベルク’、‘バルトー クの夜’、‘第2ウィーン楽派’、‘ウェーベルン50周忌音楽会’などの企画演奏会を通した現代音楽に対する継続的な関心と、これらの演奏会でバルトークの‘弦楽器、打楽器、チェレスタのための音楽’、ウェーベルンの‘パッサカリア’、ベルクの‘ヴァイオリン協奏曲’などを国内初演することにより、マニエリズムに陥っている音楽界に新鮮な衝撃を与えました。
又、交響楽祭りを通して国内音楽界にデビューして以来、数十回の定期演奏会と、モーツアルト没後200年記念ピアノ協奏曲全曲演奏会、コッペリアとジゼルのバレエ公演、数編のオペラ及び送年オペレッタ‘こうもり’などを成功裡に完遂し、特にマーラー交響曲全曲シリーズは、‘マーラー・シンドローム’という音楽界の新しい風を引き起した象徴的な演奏会になりました。
絶えまない情熱と挑戦を通して、常に変化するプチョン・フィル
常に新しい音楽に対する絶えない関心を持ち、現在に満足せず、更に意欲的なプログラムを聴衆に提供し続けるプチョン・フィル。一貫性とともに変化を追求し、基本的 にプチョンという地域社会の音楽文化を鼓舞し、絶えまない努力を通してクラシック音楽ファンに最上の演奏を聞かせることを目指しています。

Concert

随時更新

Discography

随時更新

Press Review

随時更新

Concert Archive



Copyright Aspen Incorporated. All rights reserved.