ステファノ・マストランジェロ
Stefano Mastrangelo

Profile

イタリア・ローマで音楽一家に生まれる。父、母共にオペラ歌手。ローマのサンタ・チェチーリア音楽院にて奨学金を受け、ホルンとピアノを学び全ての科目に おいて主席で卒業。フランコ・フェッラーラ、イゴル・マルケヴィッチ、レナード・バーンスタイン、ジュゼッペ・シノーポリに指揮法を師事した。

オーケストラ、グルッポ・ディ・ローマを創設後、これを率いてジュネーブ、マルティニー、プラハ、ブタペスト、アンコーナ、トラーパニなど、世界各国の主 要なコンクールにて優勝を果たす。創設より31年経た現在も質の高いオーケストラとして活動を続けている。

指揮者として、ローマ・サンタ・チェチーリア音楽院、ムスイカーレ・フィオレンティーナ(フローレンス)、ローマ・オペラ座、ミラノ・スカラ座、ナポリ・ サンカルロ劇場の他、イタリアの主要オーケストラやメディアに登場しており、国際的にも、アメリカ、カナダ、ブラジル、アルゼンチン、ハンガリー、フラン ス、オーストリア、スペイン、スイス、ウルグアイ、チェコ、メキシコ、アラブ諸国、アフリカ、ドイツ、オーストラリア等でも活躍し、高い評価を受けてい る。また、音楽学者としても高い名声を誇り、特に(故)ジョセッペ・シノーポリとの活動は顕著である。

教育者としても積極的に活動を行っており、これまでにフランチェスコ・モラッキ・ペルージャ音楽院、ローマ・サンタ・チェチーリア音楽院、ニューヨーク、 M・トウブランバ、アルゼンチン音楽院、ベイルート音楽院、カイロ音楽院、ボローニャ音楽院において教鞭を取っている。現在はイタリア国立オットリーノ・ レスピーギ・ラティーナ音楽院教授を務める。

常任指揮者、芸術監督としても、サンフィリッポネーリのオラトリオ・セーコレ・フェスティバル、マンゾーニ劇場、フェスティバル・デッラ・トゥシャ、シィ ンポーニア・ラティーナ、アンコーナ、チッタ・デッラ・カステッロ、ランチャーノ、オペラ・パッシィオンなどで活躍している。

2006年9月、愛知万博エキスポドームにおいて、イタリア政府よりイタリアの総合伝統芸術を紹介するオペラ、レスピーギ作曲による「眠りの森の美女」を 世界に向けて公演。1924年にレスピーギ自身がタクトをとり日本初演を果たした後の始めての日本公演でもあり、日本音楽史的にも意味深い公演となった。 芸術的、伝統的には、イタリア、日本にとどまらず、世界各国から多大な評価を得ており、東洋と西洋における文化的距離を近づけることに貢献した。

愛知万博でのイタリアパビリオン成功の鍵となった「眠れる森の美女」の大成功を始め、これまでの真摯な音楽研究と活動を評価され、イタリア総合芸術である オペラの分野において、そして、イタリア文化の担い手として、イタリア外務省、イタリア文化会館からの推薦を受けている指揮者である。
現在、桐朋学園大学非常勤講師。

Concert

随時更新

Discography

随時更新

Press Review

随時更新

Concert Archive

日時 2009年2月8日(日)14:00開演
会場 調布市グリーンホール
都響・調布シリーズ No.10
情熱の国イタリアからの便り
〜名匠マストランジェロを迎えて


【出演】
ステファノ・マストランジェロ(指揮)
菅沼ゆづき(ヴァイオリン)
吉岡麻貴子(ヴァイオリン)
小池郁江(ピッコロ)
田口興輔(テノール)
東京都交響楽団
朝岡聡(ナビゲーター)


【チケット】
S¥4,000 A¥3,000 B¥2,000

【お問い合せ先】
都響ガイド 03-3822-0727

Copyright Aspen Incorporated. All rights reserved.