ヴォクス・オーレア
Vox Aurea

Profile

ヴォクス・オーレアは、フィンランドのユヴァスキュラ市における特別音楽クラスの少年少女合唱団であり、11歳から17歳までの41名の優れた歌い手により構成されている。

1968年に設立され、現在の指揮者であるペッカ・コスティアイネン(1994年〜)の以前は、トルステン・リンドフォース、カリ・アラ=ポラネンが指揮 者を務めていた。コスティアイネンの監督の下、ヴォクス・オーレアは彼自身が作曲を務めた難易度が高く多彩な現代の児童合唱曲の演奏において卓越した力を 示している。なお、この合唱団の声楽指導はサンナ・サルミネンが務めている。

ヴォクス・オーレアは世界中で数多くのツアーを行っており、多数の音楽祭にも参加している。1992年、韓国のソウル(ISME)、日本でツアーを行う。 1994年、トロサ合唱音楽祭に参加し第3位、バスク聴衆賞第一位を獲得。1995年、アメリカのゴールデン・ゲート・フェスティバルで3つのメダルを受 賞。1996年にはストックホルムで公演を行う。1997年、ドイツにてクリスマスコンサート・ツアーを2週間に渡って行う。1998年、ストックホルム のフリーダム・フェスティバルに参加。1999年にユヴァスキュラ市にて自ら国際合唱音楽祭を主催した。2000年にはカナダにて3週間のツアーを行い、 パウエルリバーで開催されたキャソーミンスク・フェスティバルに参加し、エドモントンの国際ISMEコングレスにゲストとして招かれた。2001年、ラト ヴィアのリガで開催された少女クワイア・フェスティバルに参加。2003年春に第5回ローズ国際音楽祭に参加し最優秀賞、児童音楽部門第一位、及び民謡音 楽部門で特別賞を獲得した。同年夏にはタンペレ声楽祭に参加し、コーラス・リヴューの批評で三ツ星を与えられた。2004年にはスペインの36トロサ合唱 コンテストに参加した。

1993年にフィンランド放送会社はヴォクス・オーレアを年間最優秀青年合唱団に選定した。

ヴォクス・オーレアは積極的にレコーディングを行っており、1991年の「ヴォクス・オーレア・イン・コンサート」、1994年の「ジュールヨー」、 1996年の「コスティアイネン・コンダクツ・コスティアイネン」、2001年の「ヨーロピアン・クリスマス・キャロル・フロム・エイト・センチュリー」 等がリリースされている。

Concert

随時更新

Discography

随時更新

Press Review

随時更新

Concert Archive

随時更新
Copyright Aspen Incorporated. All rights reserved.